愛 犬

【愛犬チワポメは家族の一員】MIX犬(ハーフ犬)のメリットとデメリット

CHOCO
CHOCO
我が家の愛犬です(*^^*)

らっちゃん
らっちゃん
はじめまして

自己紹介

ニックネーム『らっちゃん』です。お父さんがチワワでお母さんがポメラニアンのチワポメ♂です。2015年12月4日生まれの4歳です。出身は沖縄県で双子です。よろしくお願いします❣️

私は子供の頃にポメラニアン♂を飼っていました。

その頃はあまり耳になかった『MIX犬』て最近は多いですよね。

いわゆるハーフ犬です♡

少しMIX犬についてお話します(*^^*)

MIX犬って?

純血種である異なる犬種の両親の交配によって生まれた子犬のことをMIX犬またはハーフ犬と呼びます。

純血種というのは代々同じ犬種の交配で生まれた子のことで血統書がついています。

MIX犬には血統書はつきませんが両親犬にはそれぞれの血統書がついています。

そこが雑種とは違うところです。

メリット

それぞれの純血種の欠点を補うために異なる犬種を交配して健康で育てやすい子を誕生させる。
例えば毛の抜けやすいポメラニアンと毛の抜けにくくてにおいも少ないトイプードルからは巻き毛で毛の抜けにくい子が生まれてくる可能性が高くなります。
パグのような鼻ぺちゃの犬は気温の変化に弱いという欠点があるのでパピオンなどの鼻の出ている犬と交配することで鼻ぺちゃでない子が生まれる可能性があります。
そして個性溢れるオンリーワンのワンちゃんなのでどう成長していくかの楽しみがあります。

デメリット

必ずしも考えた通りの特徴が出るとは限りません。同じ兄弟でも異なるので予想通りに生まれる保証はありません。また、成長する過程で毛の色が変わったり大きさも想像と違う場合もあります。成長過程の予測ができません。
両親犬には血統書があっても血統書はつかないのでドックショーなどの参加は難しいです。
特徴もそれぞれ違うのでデーターも少ないので両親犬両方の特徴などを知っておく必要があります。掛合わせには向かない組み合わせもあります。

どんなMIX犬がいるの?(ほんの一部の紹介)

マルプー(マルチーズ×トイプードル)

賢く温厚な性格の子が多いと言われていますがいたずらっ子に育ってしまうこともあるのでしつけが大事です。

チワズー(チワワ×シーズ)

抜け毛は少ないが定期的に毛のカットが必要になります。丸顔で鼻は短めで体格はチワワを受け継ぐ子が多いようです。性格は活発。

チワブル(チワワ×フレンチブルドック)

顔のシワはあまりなく小さな体でがっしりとした筋肉質な体型になります。愛情深く人懐っこい甘えん坊が多いようです。

ポメキー(ポメラニアン×ヨークシャーテリア)

丸い顔にゴージャスな毛並み。甘えん坊だが神経質で頑固な一面もある。

ポメ柴(ポメラニアン×柴犬)

ふわふわの長めの毛の柴犬といった感じ。抜け毛もすごいのでケアが大切です。性格は柴犬の警戒心が強く感情をあまり出さない性格とポメラニアンの甘えん坊な性格が合わさって和らいだ感じ。

ポメチワ(ポメラニアン×チワワ)

人懐っこい甘えん坊な一方、神経質で警戒心が強く元気で明るい。毛並みはボリュームのあるストレートが多い。定期的なケアが必要。体重は3㎏程度。

※全ての特徴や性格は統計的なものなので断定できるものではありません。それぞれ違います。

我が家の愛犬はチワワとポメラニアンのMIX犬なのでチワポメ(ポメチワ)です。
確かに見た目にはポメラニアンが強く出ている感じがします。
お散歩中に声を掛けられる時も「ポメちゃん?」?と聞かれることがほとんどです。
でも、一緒に生活をしているとちょっとしたしぐさ等にチワワを感じる時もあります(*‘∀‘)
体重は2.8~3㎏ですが、知り合いのポメチワちゃんには5㎏の子も8㎏の子もいるのであくまでも目安ですね(*^^*)

まとめ

血統書付きの純血種犬でもMIX犬でもその子その子で性格は違います。

見た目も性格もその子の個性を全て受け入れて愛情をたっぷり持って可愛いがることが大切だと思います。

ワンちゃんはしゃべれませんがちゃんと表情があります。

家族のことも良く見ています!

目と目を合わせて気持ちを読み取ってあげましょう。

MIX犬の呼び方ですが、父犬を先に言うなどの決まりは特にないようです。例えば我が家の愛犬は父犬がチワワで母犬がポメラニアンですが『ポメチワ』『チワポメ』『チワラニアン』『ポメチー』など色々あるようです。

ちなみに赤ちゃん時代のらっちゃんです♡↓↓↓

気が小っちゃくてよく「ワン!ワン!」しますがとっても可愛い我が家の三男坊です。

ワンちゃんを飼っている方には分かると思いますが…ペットと言うよりもう家族ですよね。

不思議とたまに人間に見えてしまう時があります(笑)

子供達も良く話しかけ弟の様に可愛がっています。

個人的な意見ですが、子供達がもっと小さい頃から飼っていたら良かったなぁ~って思うことが多々あります。

ただ、やはり金銭面で意外と掛かるので簡単には言えませんけど(^^;)

単体購入費の他にも・食費・おやつ代・ペットシーツ・狂犬病予防接種・混合ワクチン接種・フィラリア予防薬・ノミダニ予防薬・トリミング代・おもちゃ代・必要に応じて保険料(病気の治療費)等々…生活維持費も結構掛かります。